会社概要

企業理念

サハシ特殊鋼は、お客様が抱えるあらゆる問題の解決を通して、社会の発展に貢献する独創的な企業を目指します。

代表取締役 佐橋 健一郎

代表取締役 佐橋 健一郎

明治36年(1903年)の創業以来、特殊鋼の流通として産業界の様々なニーズに対応してまいりました。当社においても在庫、配送から始まり、切断、機械加工、組み付け、プラント施行と時代と共に機能が進化し、需要家の皆様からの要求もより高度なものとなってまいりました。

特殊鋼には、ミクロの世界から宇宙まで尽きることのない可能性があります。その可能性に向けての様々な事業展開をとおして、お客様に心から喜んで頂ける企業を目指します。

21世紀は共生の時代であるという時代認識のもと、人と社会のかかわりの中で真に豊かな社会を構築するための企業として、たゆまない努力をしてゆく所存でございます。

今後とも末永くお引き立ての程、宜しくお願いいたします。

代表取締役
佐橋 健一郎

会社概要

会社名サハシ特殊鋼株式会社
代表者代表取締役 佐橋健一郎
資本金2,500万円
創業1903年(明治36年)11月
設立1965年(昭和40年)5月
事業内容特殊鋼材の販売
機械加工
金属製品・製缶品の組立ての業務
各種プラントの製作・施工
各種物資の輸出入の業務
倉庫業
一般貨物自動車運送業(中運自貨318号)
一般建設業(愛知県知事許可(般21)第105426号)
一般労働者派遣業(般23-300753)
社員58名(平成29年3月)
取引銀行
三菱東京UFJ銀行 金山支店
大垣共立銀行 東中島支店
名古屋銀行 当知支店
Webhttp://www.sahashi-steel.co.jp/
E-Mail
info2@sahashi-steel.co.jp
主要取扱メーカー
大同特殊鋼、三菱製鋼、中山製鋼所、山陽特殊製鋼、不二越、新日鐵住金、合同製鐵、住友電気工業、日本冶金工業、三協アルミ、JFE条鋼、JFEスチール、YKK、丸一鋼管、JFE鋼管、SeAH CSSほか
主要取引先愛知機械工業株式会社
愛知工業大学、名城大学
エヌティーツール株式会社
オークマ株式会社
東海工業ミシン株式会社
トリニティ工業株式会社
豊和工業株式会社
DMG森精機株式会社
ほか500社 (五十音順、敬称略)
所属団体(一社)特殊鋼倶楽部、(一社)全日本特殊鋼流通協会、名古屋商工会議所、(社)中川法人会
傍系会社摩擦圧接加工:東邦技研株式会社
不動産管理 :株式会社佐橋
物流    :株式会社メタル便東海
サハシ特殊鋼株式会社
年商:30億円(2014年4月期)

年商:34億円(2017年4月期)

事業所案内

本社・テクノセンター

本社・テクノセンター

所在地:〒455-0815 名古屋市港区油屋町1-33

TEL:052-381-7631 

FAX:052-383-1307

弥富センター

弥富センター

所在地:〒498-0068 愛知県弥富市鍋田町八穂109-1

TEL:0567-69-0384

FAX:0567-69-0385

会社沿革

創業

1903年11月佐橋鋼鉄店として創業 店主佐橋嘉兵衛
1937年12月佐橋特殊鋼㈱と名称変更(資本金50万円)
1957年9月資本金100万円に増資
1961年12月資本金400万円に増資
1963年4月資本金1000万円に増資
1965年3月山陽特殊製鋼㈱会社更生法申請により営業停止

設立

設立 1965年5月サハシ特殊鋼株式会社設立(資本金200万円)社長佐橋正彦氏就任
1966年6月
資本金400万円に増資
1967年7月
三共鋼材株式会社設立 社長佐橋誠之助氏就任
1968年3月
大同製鋼株式会社代理店となる
1968年11月
資本金800万円に増資
1969年8月
本社移転 名古屋市港区油屋町1-33
1969年9月
東邦技研株式会社設立 社長佐橋正彦氏就任
1971年6月
資本金1000万円に増資
1987年5月
東芝コンピュータの導入 ノリタケ高速切断機の導入
1992年4月
立体倉庫棚クレードルラック導入
1993年5月
本社社屋新築
1996年6月
社長交代 佐橋健一郎氏就任
1997年1月
ノリタケ150高速切断機の導入
1998年5月
機械加工課の設立
1998年7月
検査室の設置
1998年10月
販売管理システムの導入
2000年3月
資本金1,500万円に増資
2000年10月
資本金2,500万円に増資
2000年12月
ISO9001取得
2002年5月
機械加工部の創設
2003年4月
株式会社メタル便東海設立
2003年5月
海外部の創設
2003年5月
情報システム室創設
2005年7月
アマダ超硬切断機増設
2006年4月
品質管理部の創設
2007年12月
本社テクノセンター開設
2008年9月
弥富センター開設
2010年4月
製缶内製化開始
2011年4月
肉盛溶接内製化開始
2011年6月
組付け専用ブース新設(クリーンルーム)新設
2013年3月
弥富センター太陽光発電設備設置(322.7Kw)
2014年12月
3Dレーザー加工機導入
2015年4月
肉盛溶接ロボット導入
2015年7月
設立50周年記念事業
2016年8月
SolidWorks導入
2017年9月
ノリタケカンパニー超硬丸鋸切断機シンカットマスターNCS-5/100導入