表面処理

メッキや塗装など硬さや耐摩耗性、耐食性、装飾性など素材の表面の性質を高めるために行う処理。 当社では、協力会社にて一般的に言われるメッキ処理、表面硬化処理、化成処理まで行い、図面から完品までお客様のニーズに合わせた提案が可能です。

主な表面処理

金属皮膜処理無電解ニッケルメッキ、溶融亜鉛メッキ、電解メッキ、溶射等
非金属皮膜処理セラミックコーティング、塗装、等
化成処理クローメート処理、黒染め等
表面硬化処理浸炭、窒化処理、高周波焼き入れ等
含浸処理含浸が必要な製品は、気密性が重要視される重要部品に使われます。気圧、油圧、水圧がかかり、目では確認できないような穴から漏れてしまうのを防ぐために、特殊な薬品に製品を含浸装置を使って浸透させます。エンジンの部品や、ガスメータなどにも使用されています。
含浸処理
不動態化処理
不動態化処理の目的はステンレス等の表面に薄い耐食性を持つ膜を付けて、美しい研磨面を守るために行う処理です。不動態化処理は、強い酸性の薬品で処理する方法、酸素のある雰囲気内で加熱する方法酸液中で陽極分解する方法があります。メリットとしては、見た目が変わらない。硬度が変わらない。寸法が変わらない、ことにあります。
不動態化処理
タフトライド
一般的には軟窒化加工のことを言いますが、窒化に比べると、硬度は低いが処理は簡単です。あらゆる鉄系の金属に使用され、歪み、変形が少なく、短納期で処理することが可能。コストも低く抑えられます。クランクシャフトやギヤ-等に使われます。